サステナビリティ

ガバナンスGovernance

ニューブレイン株式会社のコーポレートガバナンスやコンプライアンス、情報セキュリティについてご紹介します。

コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方と体制
当社のコーポレート・ガバナンスに関する考え方は、会社法上規定された株式会社の機関制度を基本としており、経営方針等の重要事項に関する意思決定機関および監督機関としての取締役会、業務執行機関としての代表取締役、監査機関としての監査役を設置しています。
コンプライアンス
当社では、社会倫理を踏まえた行動規範と、業務遂行上遵守しなければならない法令をまとめた「コンプライアンスマニュアル」を策定し、社員がいつでも閲覧・参照できるようにしています。
加えて、コンプライアンスに対する意識の浸透と向上を図ることを目的とした活動に取り組んでいます。
マネー・ローンダリング、犯罪収益移転防止法
国際社会がテロ等の脅威に直面する中、当社ではマネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策を経営上の重要な課題の一つと位置づけ、監督省庁と連携し、「犯罪による収益の移転防止に関する法律」および監督省庁より公表されたガイドラインに基づき、当社が行う取引のリスクに応じた適切な措置を講じるよう努めています。
情報セキュリティ
情報セキュリティの基本的な考え方
当社は、お客様が安心して当社の金融サービスをご利用できるよう、情報セキュリティ基本方針を定め、お客様や取引先からお預かりした個人情報や企業秘密などの情報資産の適切な保護・管理を実践することに努めています。
情報セキュリティはこちら→